とずけんどっとこむ

更新日 2013-08-16

このページの情報は2007年度のものです。お間違えの無いように!

2007年度版

とずけんどっとこむ


最新ニュース

「祝!東京都図画工作研究会創立60周年記念」
がんばれ!都図研!!

東京都図画工作研究会
会 長 辻 政 博

 昭和23年(1948年)、終戦後の間もない時期に、都図研は誕生した。記録によると四谷第三小学校で結成とある。初代委員長は、小林保司氏。
 1945年までの国家主義的な体制が瓦解して、民主主義的な体制が流入する中での成立であった。
 前年の昭和22年は「学習指導要領(試案)」が、出された年であり、戦後の教育はまだまだ、混沌としていた。
 そのようななかで、図画工作教育に情熱をもつ人びとによって、都図研は、現場教師の自主的な精神に基づいて結成された。
 その精神は、結成以後、60年間、さまざまな変遷を遂げながらも、なおも維持されている。
 都図研の60年を大雑把に3つに分けるとすると、

(1)黎明期。戦後の新しい体制の中で、図工教育を模索した時期。
(2)発展期。高度経済成長にともなう社会の発展のなかで、近代的な内容や方法を模索した時期。
(3)ポストモダンな時期。55年体制の崩壊やグローバリズム、高度情報化社会などの変化のなかで、自然や人間そのものの存立について模索する時期。

ということが言えるのではないか。
 現在の状況としては、平成10年の学習指導要領から、時間数が削減され、今日に至っている。図画工作教育と都図研は、成果主義や効率主義、効用主義、権威主義のなかで、激しい風にさらされている。
 けれども、都図研のベースになっているのは、子どもをみる真摯なまなざしと自主的な精神、情熱であり、図工教育の専門性である。それは、今も変わらない。
 2008年は、新学習指導要領が告示された年であり、図工教育や子どもにかかわるすべての人の協同によって、活動を推進していかなければならない時代となった。
 さまざまな領域の方々と手を携えて、子どもや図工の可能性を探っていきましょう。
 がんばれ!都図研!!

「韓・日子ども工芸交流」展のお知らせ

韓国の青年、田 俊培さんより連絡がきた。日韓の子ども交流展です。
都図研からも作品を出品、また、子どもたちも新宿区立落合第六小学校で
交流する。ぜひご参観を。(辻政博)

「韓・日子ども工芸交流」展 - 友情の掛け橋 -

日時: 2008年4月27日〜5月7日(11日間) 10:00〜19:00
場所:新宿パークタワー1階 ギャラリー 3
主催:大韓民国 忠清北道 清州市
主管:韓国・清州国際工芸ビエンナーレ組織委員会
   日本・NPO市民芸術活動推進委員会CCAA
後援:駐日韓国大使館・韓国文化院、韓国観光公社東京支社、東京韓国綜合教育院
全国造形教育連盟、東京都図画工作研究会、東京学芸大学・山田 一美研究室
   釜山・恵化初等学校、清州DADA自然美術学校、東京韓国学校、新宿区立落合第六小学校
協賛:(株)LG電子東京支社、日本駐在「カラムシ工房」、(株)日本文教出版、(株)オーク ヴィレッジ
   (株)Art-one(スッカラ)、(財)美育文化協会、(財)教育美術振興会、(株)ぺんてる、(株)サクラクレパス
特別協賛:リビングデザインセンター OZONE、山梨県甲府市
お問い合わせ: 清州国際工芸ビエンナーレ組織委員会 / 大韓民国 忠清北道清州市興徳区社稷1洞755
    Tel:(+82)43-277-2501〜2 / Fax:(+82)43-277-2610 / www.okcj.org  
Art Director 田 俊培 junjoonbae@yahoo.co.jp 080-3451-6796

ついに「新学習指導要領」が公示。

新しい幼稚園教育要領、小学校学習指導要領及び中学校学習指導要領の公示について〔文部科学大臣談話〕

 本日3月28日、新しい幼稚園教育要領、小学校学習指導要領及び中学校学習指導要領を公示するとともに、学校教育法施行規則の一部改正省令を公布した。
 新学習指導要領等は、約3年に及ぶ審議を経てまとめられた1月17日の中央教育審議会答申を踏まえ、去る2月15日に案を公表し、30日間、広く国民の皆様からご意見をいただいた。それらを踏まえ必要な修正を行い、本日公示に至ったものである。
 新学習指導要領等は、子どもたちの「生きる力」をはぐくむ具体的な手立てとして、1-約60年振りに改正された教育基本法を踏まえた教育内容の改善を行うこと、2-学力の重要な要素である基礎的・基本的な知識・技能の習得、思考力・判断力・表現力等の育成及び学習意欲の向上を図るために、授業時数増を図り、特に言語活動や理数教育を充実すること、3-子どもたちの豊かな心と健やかな体をはぐくむために道徳教育や体育を充実すること、といった基本的な考え方に基づいている。
 新学習指導要領は、幼稚園は平成21年度から、小学校は平成23年度から、中学校は平成24年度から全面実施することとしているが、新学習指導要領に対する保護者の期待や関心は極めて高く、平成21年度から理数教育を中心に前倒しして実施したいと考えている。その詳細についての案を4月中を目途に公表する予定である。平成20年度は、新学習指導要領等の趣旨をあらゆる場面を活用して教師など教育関係者はもとより、保護者や広く社会に対してしっかりと説明することとしている。
 新学習指導要領等の趣旨を実現するためには、指導体制の確立を含む教育条件の整備、教科書や指導方法の改善、入学者選抜の改善などの諸施策を総合的に展開していくことが極めて重要であり、今後、これらの施策について取組を進めてまいりたい。
 また、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領は、平成20年内に公示する予定である。
 今後とも、国民の皆様におかれては、是非、教育に対して強い関心を持っていただき、学校教育をご支援いただくようお願い申し上げたい。

LinkIconhttp://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/index.htm

過去のニュースは「とずけん情報局」をご覧下さい。

LinkIconここをクリック!

What is とずけん?

東京都図画工作研究会の紹介

とずけんまーく2.jpg 東京都各区市町村の教育研究会図工部員、及び新たに東京都公立小学校の図工専科になられたみなさんの集合体が、東京都図画工作研究会(略称:都図研)です。都図研は、主に小学校の図画工作教育に携わる教師の研究団体ですが、都内の幼稚園から大学、養護身障学級も含めた造形・美術教育団体との交流もあり、さらに全国組織である「全国造形教育連盟(略称:全造連)」の構成団体でもあるので、他府県との交流もさかんです。 
 学校に たぶん1人しかいない「図工の先生」に埋没しないで、都図研の研究・研修会に足を運んでみてください。都内各地区から集まってくる実践家・理論家・研究者が、きっとあなたの「明日の図工」に活力と勇気を与えてくれます。
 まずは、これから届く都図研の研究・研修会の案内を見のがさず、ぜひ参加して、自分のからだで図画工作教育を感じて下さい。

10年後の改訂にむかって

会 長  辻 政博


s_tuji_1.gif今年度も、『子ども主義宣言』の発刊、関ブロ都図研大会の実施、西洋・近代・現代美術館と連携した鑑賞研修、熊本全国大会への参加、研究授業、研修事業、特別委員会、科学未来館での「∞のこどもたち展」の開催(予定)、都展の運営、広報活動、HPの刷新、事務運営、上部団体の運営と参加etcと、都図研は、仲間たちの身を粉にした活動で精一杯運動を繰り広げてきました。
 「新学習指導意要領」は、今年度中に告示される見込みです。今回の改訂では、どうやら時間数も現行が維持されるようですが、比較すれば、他の教科が軒並み「時間増」であることを考えると実質「減」かもしれません。
 子どもたちの80パーセントが支持してくれる「図画工作」のよさを社会に向かってさらに呼びかけていかなければならないでしょう。そのためには、都図研の仲間たちの協力はもちろん、造形美術教育関係者の連携がますます不可欠になってきます。
 また、団塊の世代の退職による「世代交代」もまさに進行中です。若い先生方が、力をつけていく方策を考えるとともに、若い先生方のパワーもお借りしなければならないと思います。
 10年後の改訂では、図工の年間の授業を本来の「かたち」(70時間)にもどし、子どもたちの感性と知性の総合されたよりよい人間形成に、図工が寄与できる場を確保できるように、がんばりましょう。

子ども主義宣言

子どもたちのリアルと
図工の時間

東京都図画工作研究会/編著
子ども主義のちらし軽い.jpgクリックすると拡大します
buy-from-tan.gif

〜発行〜

三晃書房 
TEL 06-6695-1500
FAX 06-6606-5171

〜定価〜

2520円

〜サイズ〜

A5判320ページ

図工室にいこう

こどもがつくるたのしい時間

2008年3月下旬発売

東京都図画工作研究会協力
美術手帖編集部編
image001-1.jpgクリックすると拡大します

〜発行〜

美術出版サービスセンター
TEL03-3260-2388
FAX03-3267-0789
http://zukou.bijutsu.biz/

〜定価〜

2,625円

〜サイズ〜

B5変型 128P

 都図研の発案ではじまった2005年6月より『BT美術手帖』に連載の「こどもと美術」が、ついに単行本になりました。図工の時間のこどもたちのすばらしさが満載の本です。
 図工関係者のみならず、保護者の皆さん、ARTに興味をもたれる方もぜひご覧ください。